6月, 2015年

性欲亢進どれらの危害夜十次郎も病

2015-06-04

性欲亢進どれらの危害か?夜十次郎も病医網要旨:多くの男同性の前に自慢好き自分の能力が強い、実は多くの人は大げさな成分以外にも、本当に多くの人の性能力が強く、だとは言えない夜十次郎が、夜は何回も十分に余裕がある.男的能力が強くてもいいが、しかしあなたは知っていてどれらの人は病的な表現が好きですか?多くの男同性の前に自慢する能力が強い、実は多くの人は大げさな成分以外にも、本当に多くの人の性能力が強く、だとは言えない夜十次郎が、夜は何度も十分に余裕がある.男的能力が強くてもいいが、しかしあなたは知っていてどれらの人は病的な表現ですか.いくつかの男友達に強烈な性的欲求とは思うが、行は性の能力の強い表現.実は、実は1種の病的状態、恐らく得性欲亢進.性欲亢進症の患者は、興奮がが多すぎて、速くて、ドラマを超える正常状態の場合.毎日性交を行う、甚だしきに至っては昼夜を分かたず何度も要求性生活、依然として満たされない.性欲亢進どれらの危害がありますか.1 .的生殖器の過労のための連続性の衝動と繰り返し発生し、男女が重く性神経中枢性制御と生殖器の負担、経常的な結果を引き起こす物至りて反るどころか、性機能の衰えに性機能の老いずして身体が衰える.2 .体質状況悪く:男女双方にとっても、上の大きなに体力消耗、長いのは、必然的による体質状況の低下.すぐにも影響の精神状態は、思考力や記憶力、分析力なども先細り.3 .誘発性障害:男が繰り返し性生活、射精時間延長するので、第2次性生活の射精出現時間肯定より第次長、埋めた今後誘発インポテンツ、射精しませ、射精時間遅れ、性生活無快感などの危険性の機能の障害.4 .重く腰背過労:男性繰り返し性生活、性と持続的に生殖器の繰り返しを誘発する充血、前立腺炎、精嚢炎などの疾患をもたらすだけではなく、会陰部不快感、背中の痛み、また現れる血精.女子繰り返し性生活的生殖器が充血状態を誘発するまで、骨盤充血、背中や腰が重いから下半身などの不快感.

6種の性生活方式を生命にかかわる

2015-06-03

6種の性生活方式を生命にかかわる医網要旨:性愛ことは素敵なこと、もし身体、精神の不健康な時性愛、深刻な者が死亡して.以下の6種類の性生活易が死亡、皆さんを必要と警戒して、下を見て、飲酒性交!1人も少量の飲酒は興奮をしようとする自分の中枢神経係、性欲を強める、これは取る価値がない.アルコールには、心血管係の刺激血管けいれん、血流を加速し、血圧が高くなる、誘発心脳血管の病気、死亡.アルコールの作用で性衝動な刺激協同て、更に容易な発生.2、ストレスは精神的な緊張、情緒不安定な状況で性交、特に婚外性関係が発生し、精神的緊張から、恐らく他人の発見や情緒異常な興奮を誘発しやすい心脳血管の病気が発生し、性生活.3、病気に苦しんで、病気の人、器官の生理的調節機能がもうが正常な状態にして、特に、高血圧、冠状動脈疾患者の性衝動を中枢神経興奮し、血圧が高くなる、血管けいれん、心筋梗塞や脳出血を誘発しやすい.4、過労夫婦とは別々に暮らす、長期出張や旅行帰りの夜や長時間の肉体労働に参加する、心身が非常に疲れ、この時過性生活が急死しやすい.5、年齢差の男女年齢差がありすぎて、年上の者の性生活は長く、性的興奮も比較的に強いため、発生しやすい.日本の専門家を発見した専門調査、男性の死亡者の平均年齢46歳、女性の平均年齢は33歳の差があって13歳.6、薬物の作用のために一部の人を性欲薬、悪用を、薬物の過剰な衝動があいまって、セックスにあまり強く、性交アクションが激しくも発生し.

Copyright(c) 2010-2013 健康法を押し広める目的は何ですか?健康法の情報集め All Rights Reserved.