室温じゅう℃以下、胃腸薬まっすぐ愛あなたを探して

2016-03-29

は、心筋梗塞は、冠状動脈硬化症の一種の急激で深刻な臨床表現.主は冠状動脈で血栓がふさがるあるいは冠状動脈持続性痙攣、心筋虚血性と死.冬の発症率が高く、寒いからの刺激は、機体の交感神経興奮性が高く、体内児フェノールアミンの分泌を促すが、身体の血管が収縮して急速な心拍数、心臓の作業負荷が増大し、消費量が増え、心筋虚血を起こしやすい酸欠、狭心症発生.

女は保健品を食べる必要があります

    ?· ;棚卸し冬健康のキラー
    手足が冷たい悪の根源には

      ?·普通石鹸は防甲流優先

      と同時に、交感神経が興奮してと児フェノールアミン自体によって冠状動脈痙攣、低温血小板凝集させやすく、血液粘稠度増大しやすく、血栓形成につながる重要な原因も、まっすぐに.

      また、冬人々の活動は減らして、また値冬季節よく食べて進むことに補う多動が少なくて、コレステロールのレベルが上がり、血粘度増大.また、室温がじゅう℃以下まで下がった時、人は重苦しい感じ、落ち込むも易誘発狭心症、深刻な者がまっすぐに.

      冬にかんがみてまっすぐの様々な不良要素を誘発しやすい、寒波がしきりにの冬のて、心臓血管の疾病を特に冠状動脈性硬化症の人の注意天気予報は、合理的に手配の仕事と休み.医師の指示で薬を飲むように堅持して、小線量のアスピリンあるいは潘生丁等.世界保健機関の提案:冬室室温は18℃以下で、老年人と冠状疾患患者は更に2—3℃を高めるべきです.

      Pは寒波が来る時、帽子、衣、布団などに増加して外出するようにします.食事には、食塩と脂肪の摂取量、新鮮野菜や果物を多く食べ、過度に疲れや情緒を避けて.40歳以上、冠状動脈の家族史、高血圧症、高脂血症などの易因子の人が、冬の季節になると、防寒性に注意し、そのために後患になります.

      (実習編集:邓婕瑩)

Copyright(c) 2010-2013 健康法を押し広める目的は何ですか?健康法の情報集め All Rights Reserved.