高齢者の健康法について

2017-10-12

高齢者におすすめの健康法
年齢と共に身体機能は衰えてきます。疲れやすくなったり、素早く反応することができなくなったりします。筋肉が衰えてくると怪我の原因へと繋がりますので、日頃から運動することが大切です。

歩行能力を高めるウォーキング

年齢を問わず簡単にできる運動がウォーキングです。公園や普段通ることのない道を散策したり楽しみながらウォーキングします。最初は疲れない距離を2~3日に1回のペースで行います。ウォーキングに慣れてきたら体調が優れない日以外はウォーキングすることをおすすめします。ウォーキングにより下半身の筋肉が鍛えられますから、歩行が楽になり階段の上り下りもスムーズに行うことができるようになります。

関節の動きをスムーズにするストレッチと筋力トレーニング

年齢と共に背骨や腰が曲がってしまいます。背中の筋肉が衰えてくると、背筋を真っ直ぐに伸ばすのが辛くなってきます。ペットボトルに水などを入れて無理しない程度に筋力トレーニングをすることで、背中に筋肉が付き、背筋を真っ直ぐ伸ばすことも楽になります。また関節が硬く可動域が狭まると、少しの段差に躓いたりと転倒の危険性が出てきます。

テレビや音楽をつけてながら運動がおすすめ

好きなテレビ番組を見ながら、あるいは音楽を聴きながら行うながら運動がおすすめです。このやり方なら、30分~1時間という時間はあっという間に過ぎます。走ることに飽きてしまう可能性も低くなり、毎日走ることへのモチベーションを保つことができます。

Copyright(c) 2010-2013 健康法を押し広める目的は何ですか?健康法の情報集め All Rights Reserved.