食べろく項の胃腸薬レシピ大全あなたが道に食

2016-11-07

p>冬は<に食の良い時節を皆さんに知って、何を食べて体を補うか.さまざまな体のこと私たちは何を使うべきですか?今日はみんなに紹介するに適して冬に進むことに補うのレシピ、興味の親たちがすぐに来てみましょう.

に食大全

1,黒ゴマ粥

には黒ゴマ25グラム,うるち米50グラム.

方法:黒胡麻炒め研末予備、うるち米の洗浄と同じ黒ゴマを鍋に入れて煮て、強火煮沸した後、最近おかゆをとろ火.

効果:利益の腎臓を補って、滋養五臓.注:この方に適している中高年の体質が虚弱者を選択して使用して、そして早く老衰予防効果.

に、虫草蒸し古いアヒル

具:冬虫夏草ご枚、老賀鴨いち、ショウガ、淺い靑色だけ、醸造酒、塩はそれぞれ適量.

方法:古いアヒルに毛、内臓、きれいに洗い流して、水を入れて鍋の中で煮てから水中から泡を取り出し、鸭头顺を切り裂いて首を入れて、冬虫夏草を線で顔を入れて、大きい鉢に加え、ショウガ、淺い靑色、黄酒、食塩、清水の適量、更に大きい鉢鍋の中で,胃腸薬、水蒸ぶりに約2時間鴨熟する(もしくは气锅蒸し).

効果:補益精虚、滋陰に陽.こちらは冬虫夏草を主として、助肾阳、益の精密な血を補うと思っ、古いアヒルを補佐するため、滋陰補虚 .側に偏っているは补阳補って、偏ったは曇って、両者は共同使用して、共しょっぱい補益精虚、滋陰に陽の権威薬膳.

3、トマト砂糖レンコン

具:トマトに個、レンコンいち節、砂糖の量を.

トマトは皮むき、熱湯でレンコン(3~5分)を煮ます(3~5分)、両者は一緒に入れ、砂糖をかけてもいいです.

効果:健脾臓が食欲を刺激して、唾液の分泌を促進して渇きをいやす.

Copyright(c) 2010-2013 健康法を押し広める目的は何ですか?健康法の情報集め All Rights Reserved.