灸療法に長胃腸薬生きする灸气海穴

2016-09-08

灸は艾葉を原料として、養生の効果に達成病除け.灸いい長生きする効果.身体によって身体に特定のツボを通じて.だから今普遍的推薦温和な灸は泡が立たないほうがいい.普通、時間は半時間ぐらいで、体と約3~5センチ、具体的に個人的な許容能力を原則とし、痛みをこらえてはならない.灼く感は明らかに、いつでも調整し,例えば体から少し離れたり、治療を止め、皮膚を傷つけないようにします.

灸はモグサが主な材料で作った艾条、光の後、きっと体表のツボスモーク灼眼、人体は温性刺激は病気の予防の一種の療法.それは温経放しだして、血行をよくすること、祛湿行ガスを寒、腫れ散に結んで、助けて逆や病気の予防回陽保健などの作用.簡便宜行のために、たくさんの友達が家で自ら灸保健治療.

が注意したいのは、灸も適応症、それに適用してびくびくして冷たい体質の患者さんは,胃腸薬、いつも感です冷え性、足腰の痛み、腹部の寒い痛み、大便は長年下痢成形しない、月経困難症など症.もし患者属熱性体質も感口、口の苦しみ、大便の乾燥やます曇るのぼせ旺体質など感手足の心の熱い、蒸し暑い寝汗などでは不適に灸治療に属するため、灸温熱療法、用の不当はもっと傷陰液、強めて熱いの症.

1、1、寿命が延びる保健灸:

气海(は腹がラインはへそ下1 . 5寸)、関元(腹が正中線臍下さん寸)、足三里(すね前のほか膝目下さん寸、脛骨前堤の外側に横所を指して).

胃痛2、胃胃痛:

中かん(腹がラインは臍上よんしよ寸)、足三里.

さん、小児夜尿症:

関元、足三里.

4、慢性下痢:

天枢(臍で横に開いて寸)、中かん,足三里.注意:毎回灸疗時間を最大限にさんじゅう分より、良い効果を勝ち取ることができる.

Copyright(c) 2010-2013 健康法を押し広める目的は何ですか?健康法の情報集め All Rights Reserved.