胃が痛い、お腹が痛い胃腸薬選び方

胸やけや胃もたれ、急な腹痛で苦しい…。そんなとき頼りになるのが胃腸薬ですが、症状に合わせて使い分けていますか?
のむ種類、時間を間違えると、薬の効果も弱まり、逆に症状を悪化させることもあるのです。
胃腸の症状はさまざま

一口に「お腹が痛い」といっても、その症状や原因はさまざまです。キリキリした胃の痛みから、ズーンと重苦しい胃もたれ、胸やけ、腹部膨満感まで、いろいろな症状があります。「痛いな」と思ったら、症状に応じて市販の胃腸薬を利用してみましょう。ただし、飲みすぎ、食べすぎなどによるものと違って、原因がはっきりしない痛みの場合は、医師の診察を受けましょう。
【市販の胃腸薬で手当てのできる症状】

胸やけ
胃もたれ
腹部の痛み
腹部膨満感
胸やけとは?

胸やけとは、文字通り胸の奥の方が焼けるような独特の不快感のことです。胃液が逆流して食道の粘膜が刺激されたときに起こります。
胃の内容物や胃液は食道に逆流しないのが普通です。ところが、胃や食道の働きが弱まると、逆流が起きやすくなり、胸やけを感じるようになるのです。
【原因】

食べすぎ
肥満や妊娠後期などによる腹圧の上昇
精神疲労、酒の飲みすぎ、タバコの吸いすぎなどによる胃酸の出すぎ
揚げ物など脂肪の多い食べ物やいも類などの糖質が胃に長時間とどまる

【対処法】

枕を高くするなど、上体を起こし気味にして寝る
1回の食事量を減らし、消化のよい食品を食べる
アルコール、コーヒー、炭酸飲料、香辛料などの刺激物や、甘いもの、冷たいもの、熱いものは避ける

【このようなときに使われる薬】

制酸薬(胃酸を中和する)……ケイ酸アルミン酸マグネシウム、合成ヒドロタルサイト、炭酸水素ナトリウム、メタケイ酸アルミン酸マグネシウムなど
H2ブロッカー(胃酸の分泌を抑える)……シメチジン、ファモチジンなど
健胃薬(胃の機能を活発にする)……塩化カルニチン、ウイキョウ、オウレン、ケイヒ、ゲンチアナ、ショウキョウ、チョウジなど
胃粘膜保護薬……スクラルファート、アズレンスルホン酸ナトリウム、グリチルリチン酸塩、銅クロロフィリン塩、カンゾウ、アカメガシワなど

円満な夫妻性生活を保つため人気媚薬販売サイトがセックスレス解消できる媚薬を販売するようになりました。

 

Copyright(c) 2010-2013 健康法を押し広める目的は何ですか?健康法の情報集め All Rights Reserved.